インド占星術で堀江貴文氏を読む

出典:Livedoor News

今回は飲食店で入店を拒否されたという、堀江貴文氏のホロスコープをインド占星術と心理学中心に見ていきます。

歪んだ自己愛

マスク着用が必要な店で「マスク着用がどの程度必須なのか」と食い下がり、餃子店の店主と揉めたようですが、この人のやり方は正直、病的なレベルと感じます。

堀江氏のホロスコープを改めて見たところ、自己愛に関する問題が読み取れますし、これまでの言動からも「自己愛性パーソナリティ障害」ではないかと疑っています。

自己愛性パーソナリティ障害とは、DSM-Ⅴにも定義づけられている人格障害です。

誇大性(空想または行動における)、賛美されたい欲求、共感の欠如の広範な様式で、成人期早期までに始まり、種々の状況で明らかになる。以下のうち5つ(またはそれ以上)によって示される。
自分が重要であるという誇大な感覚(例:業績や才能を誇張する、十分な業績がないにもかかわらず優れていると認められることを期待する)/限りない成功、権力、才気、美しさ、あるいは理想的な愛の空想にとらわれている / 自分が“特別”であり、独特であり、他の特別なまたは地位の高い人達(または団体)だけが理解しうる、または関係すべきだ、と信じている / 過剰な賛美を求める / 特権階級(つまり、特別有利な取り計らい、または自分が期待すれば相手が自動的に従うことを理由もなく期待する)/ 対人関係で相手を不当に利用する(すなわち、自分自身の目的を達成するために他人を利用する)/ 共感の欠如:他人の気持ちおよび欲求を認識しようとしない、またはそれに気づこうとしない / しばしば他人に嫉妬する、または他人が自分に嫉妬していると思い込む。/ 尊大で傲慢な行動、または態度。

自己愛性パーソナリティ障害の特徴は、何か対人関係で問題が起こった場合、相手の不利になるようなことしか話さないということです。

「何か問題が起こる」と言うよりも、自分から故意に問題をふっかける、相手をマウントすると言ったほうがいいかもしれません。

彼の場合、相手の不利となる要素は「来店を拒否された(面倒だから帰ってくれと言われた)」という部分です。

相手の問題と思われる部分だけをうまく切り取り、相手が悪いという印象操作→他者から同情を買うやり方が、この人たちの王道なんです。

炎上商法とも巷ではいわれますが、今回の件については炎上させてお金を集めることが目的というよりは、この人自身に心理的な問題あると感じました。

俺をもっと讃えて欲しい

この人に決定的に欠けているもの。それは自己肯定感や自分に対する自信です。

ありのままの自分を認められず、苦しんでいる人なのです。

ありのままの自分を肯定できない人は、他者から無条件に受け入れられることを期待します。それが自分を肯定してもらうことになるからです。

ですので、あえて無理難題を相手に要求します。相手を困らせたり、手を煩わせることにも躊躇はしません。

「堀江さんが折角遠方から来てくれたんですから、今回は(マスクなしでも)いいですよ」と特別扱いしてもらえることを期待していたはずです。

結果、それが叶わず追い返されてしまったため、堀江氏の自尊心が傷つくばかりか、ネット上で餃子店をつるし上げ、支持者からの同情を買うことでようやく自分を肯定してもらえたわけです。

自分を肯定してもらうことが最重要課題なのであり、たとえ餃子店の奥様が体調を崩されても、店がイタ電で休業に追いやられても詫びを入れることもせず、「自分の行いはやっぱり正しかったんだ」とご満悦なのです。

私が最初にお伝えした「病的」というのは、この部分です。

どんな屁理屈をこねても、自分を愛して欲しい

店主は「面倒だから帰ってくれ」と最後に言い放ったそうですが、この手のタイプの人は実際に面倒くさい人なんです。

「面倒だから帰ってくれ」だけが切り取られて拡散されていますが、それ以前に堀江氏と店主との間で長いやり取りがあったはずです。

マナカードでも見ましたが、店主と堀江氏は、意見の食い違いで押し問答になっていたかのようにカードは伝えています。

そして「いくら言っても分かってもらえない」「らちがあかない」「時間の無駄」と限界を感じ、匙を投げたというカードが最後に出ています。

恐らく堀江氏は幼少のころから、父親に十分に認められ、愛された経験がないのでしょう。

恐らく父親にも今回のような屁理屈を並べ、素直に父親の言うことを受け入れられなかったはずです。

だから父親から可愛がられたり、愛されることは愚か、屁理屈をこね言うことを聞かない幼い堀江氏を無理やり、父親から力づくで押さえつけられていたこともあったでしょうし、暴力など虐待とも思えるしつけがあったのではないでしょうか。

マスクの着用ごときで、お店の手を煩わせたり休業に陥れるようなことは、47歳の大人がやることではないですよね。

幼稚園児・小学生レベルで心の発達が止まっているからなのです。

幼少の頃に父親に満たしてもらえなかった自尊心を、他者(餃子店の店主)に満たしてもらおうとすることが問題なんです。

因縁の場所、広島・尾道で

餃子店の場所ですが、広島の尾道という地域です。

この餃子店の場所、堀江氏にとっては因縁の場所でした。

若い人は知らないかもしれませんが、過去、堀江氏が参議院選挙で出馬した区域なのです。

「総理大臣になりたかった」堀江貴文の出馬理由に驚きの声

なぜ広島を選んだか。それは「亀井静香氏に勝つため」「総理大臣になりたかった」んだそうです。

ですが何の縁もゆかりもない土地で当選することは難しいでしょうし、実際、落選してしまいました。

過去、出鼻を挫かれた場所で自尊心を取り戻すためなのか・・・恐らく落選したこの土地を根に持っていたはずです。

落選した時の仕返しのつもりなんでしょうか・・・「俺を蔑ろにするな」という感情がこの人から読み取れます。

この人のずるいところ。それは自分はマスクをして連れにマスクをさせない状態で来店したということです。

「自分は何も悪くない、悪いのはツレだ」「イタ電をかけたのは俺じゃない、俺の取り巻きだ」と言える逃げ口を作った上でやっていることです。

尾道の人たちは、この方に未だ信頼感を持てないのではないでしょうか。

自分が賞賛されることは望んでも、人一人大切にできない人が、大衆から信頼を得られる訳がないのです。

何せ、出馬の目的が「亀井静香氏に勝つため」ですからね(笑)地域をよくする為などでしたらまだ許せますが、こんな人に票を投じた人がいるのも驚きです。

これは立派な営業妨害です。餃子店の店主は被害届を警察に届けられることを願います。

この記事を読んでいる人はこちらも読んでいます

  1. ひろゆき(西村博之)氏をインド占星術で読む

  2. 不安は人生に必要なプロセス

  3. メンタリストDaiGoさんのメンタルをインド占星術で読む

お問い合わせ対応時間

Monday - Friday15:00 — 22:00
Saturday - SundayClosed
  1. 2021.12.21

    神田沙也加さんの試練と課題をインド占星術で読む

  2. 2021.11.28

    【ブログ鑑定】同業者から攻撃されるため、占い師を続けるか…

  3. 2021.11.01

    小室圭さんの仕事運をインド占星術で読む

  4. 2021.05.05

    小室圭さんと秋篠宮眞子さまの結婚運をインド占星術で読む

  5. 2021.04.29

    小室圭さんと小室佳代さんをインド占星術で読む

Twitter