木星と土星がもたらす失業

この時期、木星が山羊座に入ることで土星とタイトな角度で接合していますね。

人によって現象は様々ですが、失業する人たちがこの時期、増える時期でもあると読んでいます。

失業は新型コロナの影響が大きいのでしょうけれど、それでも失業せずに働けている人と、確実に仕事を失う人というのが分かれていきそうです。

特に職場で居心地の悪さを感じている、また上司との関係が思わしくなく、信頼関係を築くことができていないまま今日まで来てしまった人は、特にこのような結果が訪れてしまいそうです。

主な理由は、トランジットのラーフ・ケートゥ軸からも読み取れますが、上記に該当する人が突然解雇・リストラなどとなる理由として「会社や上司の意向に寄り添えない」ということが考えられます。

会社や上司のやり方よりも、自分がやりたいようにやりたいのです。そして自分は自分でありたいのです。

そういう人は、生来的に雇われることは不向きなのかも知れず、自分がやりたいことでビジネスを立ち上げる方が成功する可能性があるのでしょう。

これからの時代、働き方は多種多様になっていきます。1日8時間、会社で働くことが当たり前ではなくなり、働く場所も会社ではない場所、カフェやオンライン上で働くこと、自営業やフリーランスで働く人達が増えるのかもしれません。

人によっては、会社で働くこと=日々のルーティンを失うことに恐れを抱き、失業後もどこかに直ぐに雇用されるべきと、次の仕事を焦って探す場合もあるでしょう。そういう方を過去、たくさん鑑定してきました。

ですが、次のステージへ向かうための「休息の時期」に入っている場合、そんな時期には次の仕事はなかなか見つかりません。そして潜在的にも「休みたい」「自由になりたい」と思っているはずです。

そんな時期は、焦らずに流れに身を委ねるのが吉です。

焦ってやりたくもない仕事をやってみても、やっぱり違和感がありすぐに辞めるというような結果にもなりやすいでしょう。

それでは自分を消耗させてしまうだけです。

山羊座で木星が減衰しており、個人的にはこの時期にあまり新しい事をスタートさせる気にはならないですね💦

これまで続けてきたことは一旦手放し、次の段階へ進むために自分を整えるのが良いと感じます。

今は新型コロナの影響もあり失業者は急激に増えていますが、失業者のための保険や補助金などの手当も、色々手厚いものがあります。そういうサポートをうまく利用しつつ、自分を養いながら時期が来るのを待つ方が良いでしょう。

※当ブログの作者は朱里(Sri)であり、著作権は全て朱里(Sri)に帰属します。
※当サイト内の文章をYouTubeやブログへ無断転載・引用及び複製等の行為はご遠慮ください。

この記事を読んでいる人はこちらも読んでいます

  1. 岸田首相の政治生命をインド占星術で読む

  2. 小室圭さんの仕事運をインド占星術で読む

  3. 宮迫博之さんの仕事運をインド占星術で読む

お問い合わせ対応時間

Monday - Friday15:00 — 22:00
Saturday - SundayClosed
  1. 2021.12.21

    神田沙也加さんの試練と課題をインド占星術で読む

  2. 2021.11.28

    【ブログ鑑定】同業者から攻撃されるため、占い師を続けるか…

  3. 2021.11.01

    小室圭さんの仕事運をインド占星術で読む

  4. 2021.05.05

    小室圭さんと秋篠宮眞子さまの結婚運をインド占星術で読む

  5. 2021.04.29

    小室圭さんと小室佳代さんをインド占星術で読む

Twitter