ラーフ・ケートゥ軸が牡牛座・蠍座へ

さて、今月19日からラーフ・ケートゥ軸が牡牛座・蠍座に移動しました。
考えられる影響について、順番に述べていきたいと思います。

1  新型コロナウイルスの収束

過去のYouTube動画でもお伝えしたとおり、木星とケートゥのコンジャンクションは新型コロナウイルスの脅威を強めてしまいますが、ケートゥが射手座から蠍座へ移動したことで猛威を振るっていたウイルスは、これから徐々に力が弱まっていくと考えられます。まだ完全に終息とはならないかもしれませんが、これから再び収束の方向に向かうのではと予測しています。

2 失業者の増加

これは不安を煽るわけではないのですが、新型コロナウイルスの影響もあり、今後倒産する企業も増えていく可能性があるでしょう。失業者数もまだこれから増えていきそうですね。

3 雇用形態の多様化

企業のために自分を犠牲にして労力を捧げるという考え方よりも、自分のやりたいことや本能に沿った生き方を選ぶ人が増えていきそうです。

これは「雇用」という働き方が重視されていたこれまでとは異なり、自由な働き方を選ぶ人がますます増えるということだと認識しています。正社員という働き方だけが王道という価値観の崩壊、また正社員という雇用形態は逆に敬遠される傾向もあるかもしれません。また社員であってもオフィスが働く場所ではなくなり、カフェや自宅などを職場に選ぶ人が増えるでしょう。

この流れを受け、テレワークの需要がもっと増えていく流れになるはずです。インターネットは仕事に欠かせないツールとなり、インターネットなしでは仕事が一切できない、という人も増えていきそうですね。テレワークに必要なウェブカメラやマイク、ネット回線などの売り上げはこれからも順調に伸びていくでしょう。

企業を頼らない生き方というのは、自分のスキル、能力をウリにして稼ぐ人が増えるということでもあります。YouTubeで稼ぐ人もこの時期、増えていきそうですね。

4 人との交流が活発に

コロナの威力が低下していく流れもあり、人との交流が再び活発になる流れになると考えられます。政府や民間企業のキャンペーンなども盛んに行われていくかもしれません。人によっては結婚願望が高まり、婚活に力を入れる方なども増えていくかもしれません。

※当ブログの作者は朱里(Sri)であり、著作権は全て朱里(Sri)に帰属します。
※当サイト内の文章をYouTubeやブログへ無断転載・引用及び複製等の行為はご遠慮ください。

この記事を読んでいる人はこちらも読んでいます

  1. コロナ禍を乗り越えられる人の特徴

  2. 自立のタイミング

  3. 木星と土星がもたらす失業

営業時間

Monday6:00 PM — 9:00 PM
TuesdayClosed
Wednesday6:00 PM — 9:00 PM
ThursdayClosed
Friday6:00 PM — 9:00 PM
Saturday12:00 PM — 9:00 PM
SundayClosed
  1. 2021.09.20

    眞子様の結婚の試練と課題をインド占星術で読む

  2. 2021.09.12

    蛍原徹さんの性格と気質をインド占星術で読む

  3. 2021.09.06

    宮迫博之さんと蛍原徹さんの相性をインド占星術で読む

  4. 2021.08.16

    メンタリストDaiGoさんのメンタルをインド占星術で読む…

  5. 2021.08.08

    東池袋自動車暴走死傷事故をインド占星術で読む2

  1. 2021.09.20

    眞子様の結婚の試練と課題をインド占星術で読む

  2. 2021.09.12

    蛍原徹さんの性格と気質をインド占星術で読む

  3. 2021.09.06

    宮迫博之さんと蛍原徹さんの相性をインド占星術で読む

  4. 2021.08.16

    メンタリストDaiGoさんのメンタルをインド占星術で読む…

  5. 2021.08.08

    東池袋自動車暴走死傷事故をインド占星術で読む2

Twitter